マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

日本の製造業が誇る「世界で圧倒的優位に立つ」技術力とは

2018年6月6日 7:00

日本の精密加工技術は特に優れているという(イメージ。写真:アフロ)

 今や中国の経済規模は日本の倍を優に超えており、世界第2位の経済大国であるが、総合的な産業競争力といった点ではまだ発展途上にある。

 アメリカ商務省工業安全局は4月16日、インテル、マイクロソフト、オラクルなどに対して、中興通訊(ZTE)への半導体などの製品販売を禁止した。同社は通信キャリア向けの通信設備や、スマホなどを製造販売する、中国を代表する通信機器メーカーである。次世代移動通信システム・5G技術の開発では世界の先頭グループを走る企業であるが、CPUなど中核部品ではアメリカの製品に依存しており、米中二国間の良好な関係なしには成り立たない事業構造となっている。

 もちろん、アメリカも単独でハイテク製品を作っているわけではない。例えばスマホを例にとれば、CPUはアメリカのクアルコムが圧倒的であるが、カメラの構造部分では、モジュールは中国関連企業、チップはソニー、韓国のハイニックス、モーターは村田製作所、TDKなどが供給している。電池、指紋モジュール、スクリーンも同様に各国メーカーが部品を作っている。組み立てこそ中国、台湾企業が圧倒的に強いが、世界各国企業との協業で成り立つ事業である。問題は、CPUを代替するのは難しいが、組み立ては代替が可能であるという点である。わかり易く言えば、産業技術レベルは、アメリカ>日本、韓国、台湾>中国ということだ。

 中国国内でも、中国製造業のレベルについて様々な意見があり、日本に関しても、優れた分析をしているものもある。簡単に紹介しておきたい。

 製造業に関する付加価値ベースでみると、2014年における世界全体に占める中国の割合は24.4%でアメリカの17.3%、日本の7.1%を大きく超えているが、一人当たりの付加価値を比べると、日本、台湾、アメリカ、韓国、ドイツの順で高く、中国は日本、アメリカの3分の1~4分の1に過ぎない。

 日本については、2016年にシャープが倒産状態となったり、2017年には、タカタが倒産、神戸製鋼や、三菱マテリアルの子会社が大規模なデータ改竄を行ったり、2018年には川崎重工が新幹線の部品について、欠陥製品を供給したりするなど、醜聞も絶えない。とはいえ、依然として様々な分野で日本の技術はアメリカを凌駕していると指摘している。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。