マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

老後資金で“やってはいけない投資”の代表格は不動産投資

2018年6月17日 16:00

 逆に、大村氏が「やってはいけない投資」の代表格として挙げるのが、不動産投資だ。

「歴史的な低金利もあり、“銀行預金で寝かせるなら不動産に投資して定期的な賃貸収入を”とのセールストークが盛んですが、オイシイ話を鵜呑みにしてはなりません。なかでもリスクが大きいのが、『サブリース』という取引です。家主が不動産業者に貸した建物を、不動産業者が入居者に貸し出し、入居者が払う家賃から手数料を引いて家主に渡す方法。要は『又貸し』です。トラブルが多発しています」

 大村氏は、定年退職後、親から相続した土地の固定資産税に悩んでいたA氏のケースを挙げて説明する。

 A氏は、不動産業者の「30年一括借り上げ、月額70万円支払い」との文句に乗り、銀行から7000万円を借りてアパートを建てた。毎月のローン返済は30万強だが、月70万円の家賃収入で黒字経営が続いた。

「ところが10年後に、業者がいきなり支払い月額の4割カットを通告してきました。つまり、月額の収入が70万円から42万円に減ってしまったのです。B氏が慌てて契約書を読み返すと、『10年後からは2年ごとに家賃を見直す』と小さな文字で書かれていた。家賃収入カットに老朽化した建物の補修費がかさみ、A氏の収支は一気に赤字に転落。ローン返済のために親譲りの土地を売却せざるを得なくなりました」

 増やすつもりが大きく減らしてしまう──これこそ「やってはいけない老後対策」の典型である。

※週刊ポスト2018年6月22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。