ビジネス

東京五輪ボランティア、応募から参加までの流れ

競技大会組織委員会の募集について、大会までのスケジュールは以下の通りだ。

【2018年】
6月11日 募集要項公表
9月中旬(~12月上旬まで) 募集キャンペーン開始

【2019年】
1~7月頃 オリエンテーション(説明会・面談等)のお知らせ受取
2月~ オリエンテーション参加
10月~ 共通研修参加

【2020年】
3月~ 役割・会場のお知らせ受取
4月~ 役割別・リーダーシップ研修参加
5月~ ユニフォームなど受取
6月~ 会場別研修参加

 注意したいのが応募期間だ。というのも、9月中旬~12月上旬まで(6月21日現在)の応募期間で、東京五輪・パラ、両大会のボランティアが8万人決定するからだ。つまり、来年以降にやりたい!と思っても、後の祭りになりかねない。

 また、応募条件として、以下を満たしていることも求められる。

【1】2002年4月1日以前に生まれたかた。
【2】活動期間中において、日本国籍、または日本に滞在する在留資格を有するかた。

 応募条件を満たした上で、「大会ボランティアとして活動したいという熱意を持っている人」「互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したいと考えている人」「競技に関する基本的な知識があり、スポーツボランティアなどのボランティア経験がある人」「英語、その他の言語及び、手話のスキルを生かしたい」という人を求めているそう。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。