マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

トルコ大統領選後の相場混乱を盛んに注意喚起したFX業界への違和感

2018年7月1日 20:00

トルコ大統領選はエルドアン大統領の再選という結果になった(Getty Images)

 トルコの大統領選が終わり、エルドアン大統領が再選された。FX(外国為替証拠金取引)業界では、トルコリラ円相場の混乱に備えるべく多くの「注意喚起」がなされていたが、結果的に値動きに大きな混乱は見られなかった。こうした事態に直面した時、トレーダーはどう相場と向き合うべきか、カリスマ主婦トレーダーの池辺雪子さんが考察する。

 * * *
 トルコの大統領選が終わり、エルドアン大統領が再選されましたが、大統領選前は金融取引所や各証券会社から注意喚起のお知らせが出るなど、為替相場にかなりの混乱が予想されていました。

 中には「値段が表示されなくなる」「スプレッドが異常に拡大する」そのような可能性が示唆されている文書もあり、心配になった個人トレーダーの方も多かったのではないでしょうか。

 私が相場を教える生徒の中にも「ここから3円下落すると聞いた」ということで、かなり心配されていた方もいましたが、同様に、多くのトレーダーの方が混乱する事態となっていたようです。

 聞くところによると、「トルコリラは買わない方が良いですよ」と引き止める証券会社もあったようです。少し前までは証券会社でも「トルコは高金利通貨で買いのチャンスですよ」と大々的に宣伝して勧めていたのですが……。

不安の波に流されてはいけない

 私としては大統領選挙前のこういった業界の状況に対して少々違和感を覚えました。

 もちろん、大統領選挙の結果によっては相場が大きく動く可能性も考えられますので、資金管理を徹底して用心しながらトレードしなければいけない、ということは当然のことだとは思いますが、「価格が表示されなくなる」といった極端な注意喚起に対して「そこまでの混乱状態に陥るのか?」と疑問に思っていました。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。