マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大前研一氏 RIZAPの海外展開に伴うノウハウ流出を懸念

2018年7月6日 7:00

経営コンサルタントの大前研一氏が考察

 急成長する企業が、さらなる拡大のために経営のプロをヘッドハンティングするのは、よくあることだ。経営コンサルタントの大前研一氏が、カリスマ経営者として知られるカルビー前会長兼CEOの松本晃氏を迎えると発表したRIZAP(ライザップ)グループの今後について、考察する。

 * * *
「結果にコミットする」というキャッチコピーのCMで有名になったRIZAPグループは、2018年3月決算の売上収益が1362億円(前年同期比143%増)、営業利益が135億円(同133%増)で6期連続増収、5期連続増益となった。2019年3月期も売上収益2500億円、営業利益230億円という大幅な増収増益を見込んでいる。

 この急成長に伴い同社は近年、大手企業の役員経験者を続々とヘッドハンティングしており、6月24日にはカルビー前会長兼CEO(最高経営責任者)の松本晃氏が新設のCOO(最高執行責任者)に就任した。

 松本氏は伊藤忠商事、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人、カルビーと渡り歩いた「プロ経営者」と呼ばれる人物だ。RIZAPグループの瀬戸健社長兼CEOは、記者会見で松本氏の役割について「ヘルスケア分野や海外展開などでのリーダーシップを期待したい」と述べ、プレスリリースにも松本氏が「海外への本格進出」を担当すると明記されている。

 だが、瀬戸社長は松本氏のことを勘違いしているのではないかと思う。松本氏は9年間のカルビーCEO在任中、合理的な経営手法を導入して収益性の改善とグローバル化を加速し、売上高を2倍にしたとされるが、海外で会社をマネージした経験は浅いようだ。そういう人にパーソナルトレーニングジムのRIZAPのようなソフト事業の海外展開を任せても、軌道に乗せるのは至難の業だろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。