マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

育成から規制強化へ──仮想通貨に対する金融庁のスタンス変化

2018年7月18日 7:00

ビットコインに代表される仮想通貨を取り巻く環境の変化とは

 2018年4月に、金融庁から登録を受けている仮想通貨交換業者16社を中心に、改正資金決済法第87条の認定団体を目指した一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が発足した。だが、6月には発足間もないこの協会のメンバーのうち6社に対して、金融庁が業務改善命令を出した。これは仮想通貨業界にどのような影響を及ぼすのか。フィスコデジタルアセットグループ代表取締役でビットコインアナリストの田代昌之氏は、次のように分析する。

 * * *
 金融庁は2018年6月22日、マネーロンダリング(資金洗浄)対策や顧客保護などの管理体制が不十分だとして、仮想通貨交換業者の正式登録業者6社に対し、改正資金決済法に基づき業務改善を命じた。

 対象となったのは、bitFlyer、QUOINE、ビットバンク、BTCボックス、ビットポイントジャパン、テックビューロ。金融庁は、2017年秋以降、業容が急激に拡大する中で、「内部管理体制が追い付いていない。どの会社も共通して、経営陣が十分な対応、戦略上の意思決定をしていない」と指摘した。

 これを受けて、日本仮想通貨交換業協会は6月25日、副会長を務めるbitFlyer代表取締役の加納祐三氏と、同じく副会長を務めるビットバンク代表取締役の廣末紀之氏から自主的な辞任の申し入れがあり、これを受理したと発表した。

 2017年までの金融庁のスタンスは、仮想通貨業界の育成に目を配り、仮想通貨交換業者自らが現場の中で取引の原則を構築し、それに基づいて行動することを「よし」としていた。ところが、2018年1月26日にコインチェックのNEM(ネム)流出事件が発生。それを受けて、金融庁は現場に任せ過ぎでは利用者保護がおぼつかなくなると、規制強化に踏み切った。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。