トレンド

「ブラックサンダー」はSNSをどう活用? 「中の人」に聞いた

「ブラックサンダー」はSNSをどう活用しているのか(写真:時事通信フォト)

 SNSの発達は、企業の広報の在り方も変えた。有楽製菓の人気商品を冠した『ブラックサンダーさん』の名前でツイッターを運営し、2万人以上のフォロワーを持つ同社のSNS担当が言う。

「リアルの広告との大きな違いは、出したものに対してさまざまなご意見をいただけること、またそれらに対して弊社も回答してコミュニケーションを取れることだと思います」

 同社が“ネットの強み”を痛感したのは、2018年2月。

 大手チョコレートメーカー『ゴディバ』が新聞の一面に「日本は、義理チョコをやめよう。」というキャッチコピーが入った広告を掲載。「一目で義理とわかるチョコ」というキャッチコピーを打っていた有楽製菓は、ツイッターに次のような投稿をしたのだ。

《とある投稿が話題のようですね よそはよそ、うちはうち。みんなちがってみんないい。ということで有楽製菓は引き続き『日頃の感謝を伝えるきっかけ』として義理チョコ文化を応援いたします》

 この投稿は大きく拡散され、メディアでも大きく取り上げられた。

「この時期、ツイッターのフォロワー数は2倍になり、ネットの拡散力の大きさを実感した。その後もキャンペーンの当選者に賞品をお届けする様子をツイッターで実況したり、LINEスタンプの案を募ったりと、ファンの皆様と一緒にブラックサンダーの世界観をつくって行けるのは弊社としても楽しく、幸せなことだと思います」(SNS担当)

※女性セブン2018年8月2日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。