マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

キャッシュレス生活 QRコード決済は何がお得なのか?

2018年7月31日 15:00

アプリをスマホで表示し、店の専用端末で読み取ると支払い完了(写真:共同通信社)

 キャッシュレス時代に突入、今年に入り、企業が続々と「QRコード決済」の新サービスを打ち出している。LINEが6月28日、同社の決済サービス「LINE Pay」を8月から本格的に普及させていくことを発表。NTTドコモも4月から決済サービス「d払い」の提供を開始している。

 QRコード決済とは、スマホで簡単に支払いができる、現金もクレジットカードも不要な決済サービスのことだ。

 スマホに各社の専用アプリをダウンロードして、アプリ画面に表示されたQRコードをレジで提示すると、店員が専用端末でコードを読み取り、支払いが完了する。代金は、あらかじめ登録したクレジットカードから引き落とされる。

 現在、サービスを開始しているQRコード決済は、NTTドコモの「d払い」、楽天の「楽天ペイ」、LINEの「LINE Pay」、ベンチャー企業の「Origami Pay」がある。これらを使うことのメリットについて、ポイントサービスに詳しいポイ探代表の菊地崇仁さんが語る。

「d払いや楽天ペイ、LINE Payは、決済時に、支払い額に対してポイントが付与されます。そのため、クレジットカード単体でよく買い物するという人は、活用した方がお得です。

 例えば、系列のdカードや楽天カードを引き落としカードに登録すれば、カードに付与される1%分のポイントに加え、QRコード決済の支払い時に付く0.5%分のポイントも上乗せされて、ポイントの二重取りができるんです」

 貯まったポイントはそのまま支払いに充てることもできる。

「ポイント数はアプリ画面ですぐに確認でき、d払いと楽天ペイの場合、アプリ画面から簡単に設定して、1ポイント=1円として買い物にも使えます。レジで申告する必要がなく、キャンペーンなどで獲得した有効期限付きのポイントの使い忘れもなくなります」(菊地さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。