マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

全国シェア70%の「播州そろばん」、ルーツは秀吉の播磨平定

2018年7月27日 11:00

『あさが来た』で使われたそろばんはレプリカも製造され人気に

 かつては、「読み書きそろばん」が勉強の基本といわれ、家庭になくてはならない存在だったそろばん。だが、電卓やスマホに代用されるようになり、今では、ドラマの小道具などで見かけると、懐かしいと思うような存在に。

 2015年9月から放送されたNHK連続テレビ小説『あさが来た』では、波瑠が演じるヒロインのあさが、“パチパチはん”と愛おしそうにそろばんをはじく姿が話題となった。この『あさが来た』で登場したそろばんを手掛けたのが、兵庫県小野市のそろばんメーカー『ダイイチ』だ。その歴史を同社代表の宮永信秀さんは次のように語る。

「播磨平定の足掛かりに羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が兵庫県の三木城攻めを行ったのですが、その戦火を免れるために人々は大津(滋賀県)に逃れました。その当時、大津ではすでにそろばんが作られていたので、三木の人々はそれを手伝いながら暮らしていたのですが、戦も落ち着き故郷に戻ると、大津で覚えたそろばん作りを開始。それが小野市にも伝わって、盛んに作られるようになりました」(以下同)

 小野市のそろばんは、『播州そろばん』と呼ばれ、今や全国の製造シェアの70%を超えている。

「玉を削る人、玉を染色して穴を開けて玉仕上げをする人、玉を通す軸になる“ひご竹”を作る人、最後にそれぞれのパーツを組み立てる人など、分業して作っています。玉は“オノオレカンバ”という大木を使用しています。斧が折れるほど硬いので、何十年経っても丈夫で長持ちしますよ」

 削った玉は茶色などに染められ、“ひご”と呼ばれる棒に刺し、組み立てる。その工程は100以上。1度に200~300挺のそろばんが作られ、完成するのに約2~3週間かかる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。