マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

SNSの普及で趣味や特技がビジネスに 原稿1本で10万円稼ぐ例も

2018年7月31日 11:00

自分の趣味や特技がビジネスにつながる時代に

 これまで個人が物やサービスなどを売ってお金を稼ぐには、仲介業者や代理人などを介して販路や売り場を確保する必要があった。しかし、SNSが登場したことで、売り手と買い手がダイレクトにつながるようになり、個人が趣味や特技を生かして“商売”できるようになったのだ。ネットニュース編集者の中川淳一郎さんが解説する。

「一般人が最も稼ぎやすいのは『アフィリエイト』です。個人のブログで商品を紹介しつつ、その商品が購入できるサイトのリンクを張り、実際にそのサイトを通して商品が購入されたら報酬が支払われる仕組みです。

報酬率は商品ジャンルによって異なり、例えばアマゾンの書籍の場合は定価の3%で、税込1512円の書籍が1冊売れると約45円の収入になる。頑張って毎日ブログを更新し続けてネット検索の上位に来るようなサイトなら、そこそこ稼げるはずです」

 主婦層に向いているのは『note』だという。基本的に、ライターや漫画家などクリエーター向けのSNSで、文章や写真、イラストなどの作品に100~1万円までの価格をつけて販売でき、売り上げから手数料を引いた額が出品者の懐に入る。

「以前、『フリーランスの心得』という5000字ほどの原稿を1時間半で書いて100円で販売したら、合計10万円ほどの稼ぎになりました。誰でも得意な分野を投稿してお金を稼げることが最大の特徴で、主婦が得意料理のレシピや家事の裏技などを販売することもできます」(中川さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。