マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

観光地そばの温泉施設、外国人客急増で珍事件続出

2018年8月10日 16:00

外国人にとって日本の温泉のルールは複雑?

 7月に日本政府観光局が発表したデータによれば、今年上半期の訪日外国人数は推計で1589万9000人に達し、史上初の年間3000万人突破が現実的になってきた。それだけ外国人がやって来れば、些細なトラブルも増えるもの。たとえば日本有数の観光地の近くの温泉施設では、外国人によるトラブルが頻発しているという。

 その温泉は、露天風呂やサウナ、岩盤浴のほか、食堂、土産物屋、マッサージ、宴会場などの設備を備えた大規模なリラクゼーション施設。訪日外国人にも人気抜群の超有名観光スポットに近いため、今や外国人客ばかりだ。館内には英語、中国語、韓国語のパンフレットを用意しているが、笑えるトラブル・笑えないトラブルは日々絶えないという。同館で働く30代の男性スタッフのAさんはこう語る。

「当館では2013年ぐらいから外国人観光客が急増しています。外国人を巡るトラブルや苦情の大部分は、基本的に子どもと同じです。濡れたまま脱衣場に上がるとか、お風呂で泳ぐとか、タオルを湯船に入れるとか、大声で騒ぐとか、そういったものです。ある時期からそういった苦情が多くなったので、外国人のお客様には受付でパンフレットを渡して、ご一読いただくようにしています」

 同館は、有名観光地に近いという立地条件により、駆け足で日本を巡る外国人旅行客の来場が多く、日本文化の知識がまったくない人も少なくないのだとか。男性スタッフによれば、トラブルにもお国柄があるという。

「欧米の方は水着着用を求める方が一定数います。団体でやって来て、脱衣場まで行ったものの、裸になるのが恥ずかしくてお風呂に入れず、1人ポツンと休憩場でスマホを見ている人もしばしば見かけます。他人と同じお湯に入ることに抵抗感を覚える人もいるようです。欧米の方がものすごく驚くのは、小学生の女の子が父親と一緒に男湯に入ることですね。『全く理解できない』といった表情で首を振る姿を何度も見たことがあります。

 一方、アジア系の方では、洗い場で子どもにオシッコをさせたり、お風呂に入っているところを写真に撮ろうとしたり(※浴場にスマホやカメラの持ち込みは禁止)といったトラブルが定期的に起こります。あと、お風呂の話ではありませんが、産直売り場の果物をツンツン触ってスタッフから注意されるのは、ほぼアジア系の方ですね」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。