マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

相次ぐ氷系商品の販売休止、『ガリガリ君』は本当に大丈夫か?

2018年8月10日 11:00

『ガリガリ君』は今年の猛暑に耐えられるか(EPA=時事)

 記録的な猛暑が続く2018年の夏、「氷系」商品の販売一時休止が相次いでいる。8月6日にフタバ食品がかき氷商品『サクレ』のレモン、オレンジ、白桃、あずき、マンゴーの販売一時休止を発表。「異常ともいえる猛暑の影響により、販売が想定を大きく上回った」ことが原因だ。サクレレモンは8月下旬頃の販売再開を見込んでいる。

 森永製菓の氷菓『アイスボックス グレープフルーツ』も同様の理由で8月1日から一時販売休止しているほか、日本コカ・コーラは『アクエリアス』の冷凍版『アクエリアス冷凍ペット490ml』を7月20日からの一時休売を発表している。

 いずれもあまりの猛暑が影響し、サッパリとした氷菓類、さらにはビタミンやナトリウムなども摂取できる商品の需要が急増したことが要因だが、ここで気になるのが同様のサッパリ系の氷菓として人気の赤城乳業の『ガリガリ君』だ。はたして『ガリガリ君』は大丈夫なのか? 同社広報担当者に聞いた。

「今年も結構厳しい状況ではいますが、夏に向け、長期予報などを見てある程度準備はしておりました。想定以上にはなったものの、どうにか耐えている状況です。『ガリガリ君』の販売休止は2010年以来一度もありません」

 2012年に氷菓ではなくラクトアイスである『ガリガリ君リッチ』のコーンポタージュ味が人気化しすぎて販売休止になったことはあるが、元祖『ガリガリ君』は販売休止になることなく、毎年ファンの手元に届けられている。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。