マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

相次ぐ氷系商品の販売休止、『ガリガリ君』は本当に大丈夫か?

2018年8月10日 11:00

猛暑で売れるアイスの代表格

 そんな『ガリガリ君』にとって試練の夏を経験したのが、2010年だった。この年は「観測史上最も暑い夏」とも呼ばれた年。同年8月3日、同社は「この夏の猛暑の天候状況もあり、通常の販売数量を大きく上回る状況が続き、現在品薄状態」と発表している。

 今年、これからさらに暑い日が続くことが予想されるが、『ガリガリ君』の生産ラインは耐えきれるのか。同社の別の広報担当者はこう語る。

「生産にあたっては、過去の実績を照らし合わせ、需要予測に基づき、生産計画、販売計画を立てています。暑い日が続くと、かき氷や氷菓系がよく売れます。2010年に稼働を開始した“本庄千本さくら『5S』工場”でラインを新しく投資したり生産性を高めることにより、生産能力は上がっています。この夏はしっかりと作り続け、商品を切らさないようにがんばっています」

 長年『ガリガリ君』の動向をウォッチし続けているライター・Aさんは、2010年の品薄時について、こう振り返る。

「あの年のインパクトは凄かったですね。ネット上では『ガリガリ君が食べられないのか!』と落胆の声が相次ぐなか、販売再開まで約2か月を要しました。今年はあの時とは比べものにならないほどの酷暑、かつ氷系商品販売休止のニュースが相次いでいるので、『ガリガリ君』を心配する声も多いのは事実。それでも赤城乳業さんは過去の経験を活かして生産ラインを増強しているようですし、私たちファンの元へ届けられるようがんばってくれると思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。