マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】日経平均プラス転換で需給改善に期待

2018年8月26日 6:00

日経平均株価は4週ぶりのプラス転換

 投資情報会社・フィスコ(担当・田代明美氏)が、株式市場の8月20日~8月24日の動きを振り返りつつ、8月27日~8月31日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇した。週間ベースでは4週ぶりのプラス転換となった。今週最も注目された米中両国による160億ドル(約1兆7700億円)相当の追加関税については、23日に予定通り発動された。これを受けてボーイングなど貿易関連銘柄が売られて週前半にかけて4日続伸していたNYダウは反落に転じた。23日にはNASDAQ指数も6営業日ぶりに反落した。ただ、23日まで2日間行われた次官級の米中通商協議が決裂することはなく、NYダウの調整は比較的小幅にとどまった。むしろ、元選対本部長の有罪判決、元顧問弁護士が不正行為を認めたことを受けて、トランプ大統領が弾劾を受けた場合の株式市場の急落を示唆する発言が、相場の重しとなった。

 NYダウがもみ合う一方で、日経平均は24日にかけて4日続伸と小幅ながら上昇した。週初は為替の円高と中国株への警戒感から軟調な始まりで、東証1部の出来高、売買代金とも今年2番目の低水準となった。しかし、その後は為替の円安基調と上海総合指数の下げ渋りなどを受けて買い戻しが先行する形となった。21日には菅官房長官による「携帯電話料金の下げ余地」発言からNTTドコモ<9437>など携帯電話各社が下げた反面、指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983>の上昇、年初来高値の更新するリクルートHD<6098>、セコム<9735>の上げなどが目立った。個別では、1兆円の不適切融資が報道されたスルガ銀行<8358>の急落もトピックスとなった。

 今週の日経平均は、上値の重さを意識しながらも堅調な展開になることが見込まれる。行方が不透明な米中貿易摩擦、上海総合指数の推移などが懸念材料として引き続き横たわっている。8月3週(13-17日)の投資主体別売買動向では、海外投資家が3週連続の売り越しとなり、売り越し額も3449.6億円と4月以降では6月第3週に次ぐ売り越し額となった。先物との合算では6885億円の売り越し規模に膨らむ。中国情勢が不透明な中、アジアを対象とするファンドでは、日本株の売りによるヘッジを行っているとの見方もあることは懸念材料だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。