マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

【実録リポート】カード会社はこんなに巧みに「リボ払い」に誘導する

2018年9月13日 11:00

カード会社は積極的にリボ払いへの切り替えをすすめる

 クレジットカードの「リボ払い」の最大のメリットは、月々の負担が軽くなることだが、その一方で実質年率13~15%という高い金利手数料がつく。クレジットカード会社はここから上がる利益に着目し、積極的に顧客にリボ払いへの切り替えを進めるようになっている──。

 双子を育てる記者M(42才)は悩んでいた。2人の子が同時に中学に入学したため、制服代、塾代、部活費用などがダブルでかかり、クレジットカードの1か月の請求金額が30万円を超えてしまったのだ。

 そんな悩みを見透かすように、クレジットカード会社から「今月のお支払いがピンチなかたへ。毎月のお支払い金額をほぼ一定にして、月々の負担を軽くできます」という案内が。早速、電話をしてみた。

「次回の支払いが難しくて」と言う記者Mに対し、オペレーターの女性は明るい声で、「Mさまなら次回の支払いからリボ払いに変更可能です。リボ払いなら、月々約3万円の返済額になります」と言う。

 記者Mのカードは、支払日の4営業日前までなら、リボ払いに変更ができたのだ。これなら1年未満で返せる。さらに金利手数料について聞くと、「通常は14.5%ですが、お買い物した日ではなく、カードの締め日から計算します」とのこと。意味がわからない。なので、具体的な金利手数料を計算してもらった。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。