マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

新興国通貨から資金シフト「米ドル、ユーロ、日本円」への影響

2018年9月11日 17:00

新興国通貨から「安全な避難通貨」への資金シフトの「その先」は(写真:アフロ)

 8月末に、新興国通貨が大きく下落したが、その影響は米ドル、ユーロ、日本円などの値動きにどんな影響を及ぼすのだろうか。

 アルゼンチン・ペソが対ドルで急落し、最安値を更新したことで、8月30日、アルゼンチン中央銀行は、政策金利を45%から60%に引き上げている。アルゼンチン国内のインフレ率を抑えると同時に、通貨アルゼンチン・ペソの防衛を目的とした利上げだ。

 ただし、結論としては、アルゼンチン・ペソの金利を引き上げても、為替の「アルゼンチン・ペソ売り」を止められないだろう。アルゼンチン・ペソの金利で、通貨防衛を計るのならば、その政策金利を、200%とか、300%、もしくは、それ以上に引き上げる必要があるからだ。

 それは、事実上、不可能だろう。国の政策金利を長期にわたってそこまで引き上げることは、国家の金融政策とは呼べない。それは、国家がコントロール不能になっていることを表明しているに過ぎない。

 たとえばその国で生活している国民が、住宅ローンの金利が200%、300%になった時に支払い続けることが想像できるだろうか。言い換えれば、『借金をして、その元本の2倍、3倍の利息を支払っても、元本の借金が残るという状況を、受け入れることができるのか?』ということだ。

 通貨アルゼンチン・ペソの急落は、メキシコ・ペソ、南アフリカ・ランド、トルコ・リラの下落に波及している。そして、新興国通貨の下落は、豪ドルの下落にも波及している。

 一方で、新興国通貨の下落は、「安全な避難通貨」への資金(資本)移動を促している。新興国通貨を売って、「安全な避難通貨」である米ドルやユーロ、日本円などに、資金をシフトさせているのである。

「FX」関連記事

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。