マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

森永卓郎氏も注目! ラストチャンスのふるさと納税「注目の返礼品」10

2018年9月27日 15:00

森永卓郎氏の協力を得て作成した「得する返礼品」10リスト

 実質自己負担2000円で全国各地の自治体から豪華な返礼品を受け取れる「ふるさと納税」は、返礼品競争に拍車がかかり、ブームが過熱。ついに返礼品を寄付額の3割以下の地場産品に限定するよう総務省から「待った」がかかり、大きな曲がり角を迎えている。

『年収300万円からのふるさと納税』などの著書がある経済アナリストの森永卓郎氏に「見直される確率が濃厚ないまこそ注目すべき品目」を聞いた。

「今回の総務省の方針は『3割以下』『地場産品のみ』の2大ポイントである以上、明らかに3割ルールを超過している返礼品はいつなくなるかわからない。早めに申し込みたい“有力候補”といえます」(森永氏)

 目立つのは“返礼品の額”がはっきりしている金券類だ。たとえば大阪府泉佐野市の寄付額1万円に対して格安航空会社ピーチ・アビエーションで利用できる電子ポイント5000円分、和歌山県高野町の寄付額10万円に対して旅行ギフトカード5万円分などは「3割ルールを明らかに超過している返礼品が軒並み消えている中で、かろうじて残っている」(同前)という状況で、いつ取り下げとなってもおかしくない。

“返礼品の額”がはっきりしない飲食品も微妙な立場になる。佐賀県みやき町の牛サーロインや宮崎県都城市の焼酎なども市場価格と比較すると、明らかに3割超だ。総務省が「違反自治体」としてリストアップしている以上、今後見直しとなる可能性は低くない。

 森永氏の協力を得て作成した別掲表のなかに含まれる東京・南青山の料亭ランチ券を返礼品とする佐賀県上峰町や、地元の温泉利用券を提供する群馬県草津町などでは9月中の見直しを表明しており、刻々と変化する流動的な状況だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。