マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

電気代、ガス代、水道代… わが家の光熱費節約術11選

2018年10月9日 11:00

光熱費節約術のおかげで一家団欒も(イラスト:朝倉千夏)

 夏の猛暑の影響で、トマトやキャベツなどの野菜が値上がり、来年10月には消費税が8%から10%に引き上げられる可能性も極めて高い。そんな今、家計を握る主婦の手腕が問われる。そこで、女性セブン読者へのアンケート結果から、すぐ実践できそうな光熱費の削減ワザを厳選してお届けしよう。賢く抑えるには家族の協力が不可欠だが、楽しく節約するための工夫をしている家族も多かった。

●「電気代節約のために、エアコンや暖房器具をつけるのはひと部屋のみ! 夏も冬も、他の部屋の電気は全部消しちゃいます。家族みんながひと部屋で過ごせば、家族団欒にも」(愛知・42才・パート)

●「20年以上使っていたエアコンを今年のGWに買い替えたら、昨年の型落ち商品がとても安く買えた。よく冷えるうえ、電気代が驚くほど安くなった!」(大阪・46才・自営業)。

 エアコン以外の家電も、旧式なものは買い替えた方が電気代が安くつく。

●「エアコンはこまめに切らないで、つけっぱなしにしていた方が、電気代が安かった」(大阪・37才・会社員)。一定の温度になるまで、起動直後が最も電気代を消費するのだ。

●「エアコン代節約のため、図書館やスーパーに長くいる。家にいる時は夫婦で同じ部屋にいた」(兵庫・71才・専業主婦)。ラブラブ度もアップ?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。