マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

進化する冷蔵庫の最新トレンド 注目はチルド室と野菜室

2018年10月21日 7:00

冷凍食品が大量に入るフリーザーの大きなタイプも人気に

 家事の負担を軽減し、私たちの時間的ゆとりを生み出す白物家電は、今や「時産家電」とも呼べる存在に。決して安い買い物ではないが、自分のライフスタイルに合った機能が搭載された白物家電を選べば、長きにわたりよき相棒になるだろう。

だからこそ、どんな機能に注目してどれを買うべきか、見極める目を磨きたい。ここでは冷蔵庫の最新トレンドを紹介しよう。

野菜室は節電を取るか使い勝手を取るか

 冷蔵庫を買う場合、性能面で比較ポイントになるのが、野菜室とチルド室の鮮度維持機能と使い勝手だ。

 実は、庫内の設定温度がもっとも高い野菜室は、動力となり熱を持つモーターなどと近いいちばん下にある方が熱効率がよく、電気代が安上がりになることが多い。節電や電気代の観点から、多くの冷蔵庫の野菜室の定位置は、いちばん下になっている。

 しかし、そうした構造上の難題を克服した冷蔵庫も登場。冷気の回し方を工夫することで、野菜を取り出しやすいよう、野菜室の位置を上げることを可能にしたのだ。

野菜の鮮度維持は成長を促すvs眠らせる

 位置問題以上に野菜室について各社がしのぎを削っているのが、鮮度維持機能だ。

「以前の野菜室は弱めの冷風が当たり、どうしても野菜を乾燥させてしまっていました。ところが今では多くの機種で湿度を80~90%に保つモイスチャーコントロール機能が搭載され、葉もの野菜を裸で野菜室に入れておいても鮮度が落ちにくくなりました」(カカクコムの鎌田剛さん)

 これに加えて、3色のLEDライトを当てて庫内で朝昼晩を再現して野菜のビタミンをアップさせることで、朝採れ野菜の新鮮さを追求する機種もあれば、逆に真っ暗な庫内で野菜を眠らせ、成長(=劣化)を止めるという考え方で保存する機種もある。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。