マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

進化する冷蔵庫の最新トレンド 注目はチルド室と野菜室

2018年10月21日 7:00

冷凍&チルドの活用でやりくり上手に

 また、冷凍食品が大量に入るフリーザーの大きなタイプもニーズが高まっている。

「共働き家庭の場合、まとめ買いして長く保存する必要があり、冷凍庫の大きなものを好む傾向があります。例えばシャープのメガフリーザーは3段分も収容でき、週末に冷凍食品などをまとめ買いしても対応できます」(ビックカメラ・照井友貴子さん)

 野菜を下茹でして冷凍保存するのにも重宝しそうだ。

半解凍技術が調理の時短を実現

 パーシャルやチルドといった半解凍による鮮度維持も、ますます機能がアップ。

「以前は通常の冷蔵で3日ほどしか保存できなかった生肉が、チルド室で1週間は充分持つ。そうなると、従来の“冷凍して解凍して”といった手間が省けるうえに、おいしさも維持でき、ひいては調理にかかる負担が軽くなります」(鎌田さん)

自動製氷室は手入れしやすさを見るべし

 最後に押さえておきたいのが、自動製氷室の清潔維持。

「自動製氷室はたとえ汚れても洗いにくいため、使うのを嫌がる人がいます。ですが最近は部品のすべてを取り外せて洗えるタイプも増えています」(家電コーディネーターの戸井田園子さん)

 清潔志向の日本人気質にも、最新機種は対応している。

※女性セブン2018年10月25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。