マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

夫婦の年金「繰り上げか、繰り下げか?」3つの判断基準

2018年10月29日 16:00

最適な年金受給開始は夫婦によって異なる(イラスト:鈴木みゆき)

 年金は繰り上げ・繰り下げのどちらを選ぶべきか──。繰り上げ受給をすれば、通常(65才)より早く受け取れる代わりに年金額が減額される(「1か月ごとに0.5%」ずつ、1年で6%の減額)。反対に、繰り下げ受給は、本来受け取れる時期より遅くもらうかわりに年金額が大幅アップする(「1か月ごとに0.7%」ずつ、1年で8.4%の増額)。最大5年間繰り上げると受給額は30%減額となり、5年間繰り上げると42%の増額となる計算だ。

 厚労省の最新調査(2016年)によると、「繰り上げ」を選択した人は34.1%、「本来の65才受給」の人は64.5%、「繰り下げ」を選択した人は「1.4%」。すでに年金を受給している人の中では、圧倒的に「繰り下げ」を選択した人が少ないのが実情だ。

 繰り上げ・繰り下げかを判断する最大の判断基準になるのは、「自分が何才まで生きるか」という「予測寿命」に他ならない。

 参考になるのは、まず現在の体調だ。持病や病歴、生活習慣を検討してみてほしい。あとは、両親と祖父母、曾祖父母が何才で亡くなったか(または、まだ存命であるか)が大きな参考になるだろう。寿命が遺伝的影響を強く受けることは、科学的にもはっきりしている。

 次に目安となるのが「65才時点の貯金額」だ。貯金が充分にあれば、受給開始を繰り下げて年金額を増額し、ゆとりある老後を目指せる。標準的な夫婦が平均寿命まで生きるとしたら、おおよそ2000万円以上の貯金があれば、年金と合わせて、老後は心配せずに暮らせるといえるだろう。

 3つ目の判断基準が、「何才まで働くか」だ。どれぐらい現金収入が期待できるかで、繰り上げ・繰り下げの戦略は変わる。

 夫婦2人で年金以外の収入(労働収入だけでなく、投資による収入や子供からの仕送りなども含む)が「月に25万円以上」ある状態を、何才まで維持できるのかを考えていただきたい。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。