マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続時の配偶者居住権、「65才未満」が選択すると損するケースも

2018年12月4日 11:00 女性セブン

 しかし、居住権はどんな場合でも選択すれば「得」というわけではない。相続コーディネーターの曽根恵子さんが話す。

「居住権の価値の算定方法は確定していませんが、法務省の簡易評価法によれば、“これから長い期間住む”と想定されるほど価値が上がります。そのため、妻の年齢が若いほど居住権の評価は高くなり、逆に高齢になれば評価は低くなります」

 つまり、民法で定められた遺産の相続分は変わらないため、相続時に妻が高齢なら、評価が低い居住権を選んだ方が現金を多く相続できるが、逆に年齢が若ければ、現金を相続できる分が少なくなるわけだ。

「居住権と所有権が等しくなる分岐点は大体65才前後。妻が65才未満なら、居住権ではなく、所有権を選ぶという選択もあるでしょう」(曽根さん)

 居住権は譲渡も売却もできない。若くして夫を失った場合、居住権を選んで住む家はあっても、残りの長い人生、少ない現金で暮らさなければならないのは厳しい。居住権に縛られるより、自宅を売却して現金を得て、新生活のための自由と資金を手に入れた方がよさそうだ。

※女性セブン2018年12月13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。