マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ETF

【最新金融用語解説】ブルとベア:ベア型投信・ETFも続々登場

2016年3月4日 7:00

 雄牛を表すブル(Bull)と、熊を意味するベア(Bear)は、いずれも金融市場でよく使われる専門用語だ。ブルは上昇する相場、ベアは下落する相場を示している。

 由来については諸説あるが、敵と戦うときに雄牛は角を下から上へと突き上げ、逆に熊は前足を振り下ろす姿勢を取ることから、それぞれ上昇と下落の象徴として使われるようになったという説が有力だ。

 市場関係者なら、強気のブル相場を望むもの。ニューヨーク証券取引所があるウォール街近くには、株価上昇の願いが込められた「チャージング・ブル」と呼ばれる雄牛の銅像が設置されている。今にも攻撃してきそうな猛々しい姿はウォール街のシンボルとして親しまれ、観光スポットになっているほど。

 一般的な投資商品は上昇するブル相場で利益が出るが、投資家のお金をまとめて運用する「投資信託」や「ETF(上場投資信託)」の中には、下落相場で利益が出る「ベア型」の商品もある。

 たとえば、日経平均株価に連動する商品の場合、一般的なブル型商品は日経平均が上昇すると連動して価格が上がる。これに対しベア型商品は、マイナス方向に連動するため指数が下落すると価格が上昇するのだ。

 2014年以降は「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信」(1357)や「日経平均ベア2倍上場投信」(1360) といった、日経平均株価のマイナス2倍の値動きをするベア型ETFが相次いで新規設定された。日経平均が下落するほど大きな利益が期待できることから、ベア相場で人気化し、東証の売買代金ランキング上位を占めるようになった。

  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。