マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療保険は必要? その分の現金あれば癌の入院費用ほぼ賄える

2019年1月5日 15:00

医療費負担の増大は確実視されているが…(イメージ)

医療費負担の増大は確実視されているが…(イメージ)

 年金大改悪を前にして老後の「お金」の悩みを抱えている人は少なくない。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が講師を務める老後資産セミナーでは、さまざまな質問が飛び交う。その中も目立つのが、病気、入院、通院などでかかる医療費についての質問だという。

 健康リスクが増加する定年後に、最も心配なのが医療費。頼みの綱となるのが「高額療養費制度」だ。

「医療費が一定額を超えた場合、上限との差額が健康保険から払い戻される制度です。年金生活者に多い住民税非課税世帯の場合、自己負担の限度額は2万4600円で済みます」(北村氏)

 ただし、高額療養費制度がカバーするのは保険診療のみで、入院時の差額ベッド代や日用品代、通院の交通費などは自己負担となる。

 生命保険文化センターの調べでは、60歳代で入院した患者の自己負担額は平均21万7000円だった。さらに、今後は医療費負担の増大が確実視される。現在、後期高齢者の医療費窓口負担は原則1割で済むが、政府は団塊世代が75歳になる前に、原則3割に引き上げる議論を進めている。そうなると、入院費用の負担もハネ上がるだろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。