マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

マーケットのつわものたち(アンディー・クリーガー)

2016年3月22日 19:00

 過去から現在まで、マーケットにビッグプレーヤーと呼ばれるつわもの達が、入れ替わり立ち代り出てきています。今回は、アンディー・クリーガーについてお話しましょう。

 彼は、米国のバンカーズ・トラストという猛烈にトレーディングをすることで世界的に有名な銀行の、その中でも、超猛烈なトレーダーでした。因みに、当時のバンカーズ・トラストの会長は、「トレーディングでつぶれた銀行はない」と言いきり、トレーディーングを大いに奨励していました。

 さてアンディー・クリーガーですが、為替市場へのデビューは実に唐突でした。もともと彼は通貨オプションのトレーダーで、そのヘッジで、為替市場に出てきたわけですが、叩いてくる金額がそれはもう半端な額ではなく、また一気呵成に叩いてきましたので、1週間もしないうちに、世界中のマーケット関係者の中で知らぬものはないという状態になりました。

 彼の手口のひとつを、ずっと後になって彼の知り合いから教えてもらったのですが、ふーんと唸ってしまいました。たとえばドル/円が、109.55-60の時に、109.30のOffer(オファー、売り)をブローカーを通じて、マーケットに入れます。そうしますと、マーケットレートより、低いレートですから、買いが群がってきます。

 これでとりあえず、500本(5億ドル、1本=1百万ドル)を売ります。次に、更に低い109.10のOfferを入れます。もちろんこれにも買いが群がってきます。これで追加の500本を売り、合計1000本(10億ドル)のショートとなります。この状態でマーケットは短期的にOverbought(買いすぎ)気味になってきています。

 そこで彼は一斉に、他の銀行を何行も呼び、ダイレクトでプライスを聞き(Direct Deal)、とどめの更に1000本を叩き込みますから、完全にOverboughtになった他の銀行は堪りません。もう総投げ状態に陥り、マーケットにはBid(買値)もないまま急落します。そんな喧騒の中、彼は低いBidを出しながら、悠然と利食ったという寸法です。

 今やリスク・コントロールが厳しくなり、こうしたディーリングは、基本的には外銀邦銀とも無理ですし、一部、アグレッシブと言われる米系投資銀行でも、ここまではもうできないと思います。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。