マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

低価格でも満足感、コスパ最強「餃子定食」の魅力

2019年1月22日 16:00

餃子定食はコスパがいい?(イメージ)
餃子定食はコスパがいい?(イメージ)

 生姜焼き定食、唐揚げ定食、焼き魚定食……など、様々な“定番の定食”があるなかで、 “コスパがいい定食”のひとつと言われているのが、「餃子定食」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「和食系の定食店で餃子定食はあまり見かけませんが、中華料理店では定番。いくつかのチェーン店では“もっとも価格が安い定食”としてメニューに載っていることが多く、そういった意味では確かに“コスパがいい”メニューであることは間違いないでしょう。ただ、お店によって価格の幅があるのも事実です」

 代表的な中華料理チェーン店での「餃子定食」の価格は以下の通りだ。

・餃子の王将(都内某店):「餃子定食」(餃子2人前12個、キムチ、ライス、スープ) 780円(税込み)
・大阪王将(関東地区):「餃子定食」(元祖餃子2人前12個、唐揚げ2個、ライス、スープ)900円(税込み)
・日高屋:「W餃子定食」(餃子12個、唐揚げ2個または韓国キムチ、ライス、スープ)650円(税込み)
・バーミヤン:「W餃子定食」(餃子12個、からあげ2個、ライス、スープ)849円(税別)

 税込みで900円以上する大阪王将やバーミヤンの餃子定食もあるが、税込みで650円の日高屋の「W餃子定食」はたしかに安い。

「大阪王将の単品の『元祖焼餃子』の価格は6個で260円(税込み)、バーミヤンの『本格焼餃子』は6個で239円(税込み258円)。一方で日高屋の『餃子』は6個で230円です。日高屋は単品での価格がそもそも安く、その分定食も安くなるということでしょう。材料やボリュームも異なるので一概には比較できませんが、650円の日高屋の餃子定食は確かにコスパがいいと言えるでしょう」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。