マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

低価格でも満足感、コスパ最強「餃子定食」の魅力

2019年1月22日 16:00

牛丼と同じ価格帯で定食が食べられる

れんげ食堂Toshuの『W餃子定食』

れんげ食堂Toshuの『W餃子定食』

 さらに安い餃子定食を提供しているのが、オリジン弁当を運営するオリジン東秀が手がける「れんげ食堂Toshu」だ。餃子5個と漬物、ライス、スープがセットとなった「餃子定食」は380円(税込み)、餃子10個の「W餃子定食」は560円(税込み)である。

「餃子の個数が少ないとはいえ、10個入りの定食で560円というのはかなり安い。さらに餃子5個の定食で380円というのも破格です。もちろんボリューム的には少ないのですが、牛丼と同じ価格帯で定食が食べられるというのは特筆すべきことだと思います」(小浦氏)

 大規模なチェーン店ではなくとも、格安の餃子定食は少なくないという。

餃子の福包のランチ限定定食

餃子の福包のランチ限定定食

「たとえば、都内に5店舗を構えている『餃子の福包』では平日限定のランチ定食を590円で提供しています。その内容は、焼き餃子もしくは水餃子を2皿(合計12個)とナムル、ライス、スープで、焼き餃子6個と水餃子6個という組み合わせも可能です。『焼き餃子』と『水餃子』を単品で頼むとそれぞれ290円で、ご飯は250円。それだけでも830円なので、ランチ定食は240円も安い計算になります。これは相当コスパがいいといえるでしょう。私もランチタイムによく利用しますが、行列になることもありますね」(小浦氏)

 低価格でも十分な満足感のある餃子定食。いろいろなお店を巡って、“コスパ最強”の餃子定食を探してみるのもいいかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。