マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

愛好家たちが語る「町中華」の底知れぬ魅力 安い、多い、メニューが豊富

2021年9月7日 16:00 マネーポストWEB

豪快に盛り付けられた、ある町中華の肉野菜炒め
豪快に盛り付けられた、ある町中華の肉野菜炒め

 街の商店街などにある、昔ながらの中華料理店、通称「町中華」。少々店構えが古いところも少なくないが、それでも“町中華が一番だ!”という声も多い。外食産業に詳しいライターの小浦大生氏も、町中華の大ファン。その魅力をこう語る。

「町中華は、安くてボリューム満点の店が多く、メニューの種類も多い。昼はランチタイムでサラリーマンに愛され、夜は地元の人々が居酒屋代わりに飲んでいる、という町中華も多いですね。もちろん今はコロナ禍で、町中華での飲みを楽しむことは難しくなっていますが、BS-TBSでは町中華を紹介する『町中華で飲ろうぜ』という番組もあるほどに、町中華ファンは多いんです」

町中華の定番といえばレバニラ炒め
町中華の定番といえばレバニラ炒め

町中華で食べたい鶏肉のカシューナッツ炒め
町中華で食べたい鶏肉のカシューナッツ炒め

 小浦氏は、都内にある複数の町中華に足繁く通っているという。

「個人的に好きなのは、メニューが豊富な町中華です。壁にズラッと張り出されているメニューを端から頼んでいくだけでも十分楽しいし、毎回いろいろな発見があるんです。“この料理とあの料理は味付けが同じだな”なんていうのは、まさに“町中華あるある”ですね。あと、定番料理でも店ごとに微妙に違いがあって、それを見つけるのも楽しいです」

 町中華の愛好家には、それぞれのスタイルがある。都内に住む会社員・有澤さん(40代男性)は、ランチタイムに町中華を利用することが多いという。

「私がよく行く町中華は、ランチが充実しています。一品料理とご飯とスープのセットで基本は750円。周囲のお店でランチを食べると、800~1000円位することが多いので、お財布にも優しいですね。そして、何よりありがたいのが、量がとんでもなく多いこと。山盛りのレバニラ炒めや肉野菜炒めを食べれば、昼からお腹がパンパンになります。あと、肉と野菜を一緒に摂れるのもうれしいですね」

 町中華はとにかく値段設定が安い。一品料理はもちろん、麺類もラーメン専門店に比べて安いことが多い。

「都内の専門店でラーメンを食べると、1杯700~800円くらいしますが、町中華ならラーメン1杯550~600円くらいのところも珍しくない。そこにライスや餃子をつけて、ちょうど専門店ラーメンくらいの価格になると考えれば、町中華はとにかくコスパがいいんです」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。