マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金「70歳まで繰り下げ受給」、68歳で亡くなったらどうなる?

2019年1月31日 16:00

年金の繰り下げ受給を選択して、受け取る前に亡くなったらどうなる?

 私たちの生活で、将来不安の大きな原因として挙げられるのが「年金不信」。「年金財政は破綻するのか?」と言われたら、「破綻はしないけど、受給開始年齢が遅くなったり受給額が下がったりするだけでしょ」と、若い世代の間では半ばあきらめムードも強い。

 今年は5年に1度の年金制度見直し(財政検証)が実施されるが、厚生労働省の資料などによれば、年金制度の持続のために受給開始年齢の引き上げも検討していることが明らかになっている。そうした中で、少しでも多く年金をもらうためにはどうすればよいか。現行の制度の中でよく知られているのは、「繰り下げ受給」だろう。ファイナンシャル・プランナーの横川由理さんはこう説明する。

「現在、65歳から支給される年金は、65歳より遅く受け取ることができます。これを『繰り下げ受給』といい、『0.7%×繰り下げた月数』だけ多くもらうことができます。最大70歳まで5年繰り下げると、もらえる年金月額は(0.7%×60か月で)42%も増えるのです」(横川さん)

 ちなみに、65歳より早くもらうことを「繰り上げ受給」といい、「0.5%×繰り下げた月数」だけ受け取れる年金額が減ってしまう。5年繰り上げて60歳からもらうとすると、毎月30%減った額しか受け取れない。

 長生きすればするほど、お得になる「繰り下げ受給」だが、一方で心配なのが、例えば70歳まで5年繰り下げようとしていた時に68歳で亡くなると、本来もらえるはずの年金を丸々もらい損ねてしまうのではないか、という点だろう。遺族からすれば、「65歳からもらっておけばよかった」と思ってしまいそうだ。

 しかし、横川さんは「もらい損ねることはありません」と話す。いったいなぜか?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。