マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

親の死後、保険や相続に関する諸手続 相続放棄は3か月以内に

2019年2月9日 7:00

親の死後、3か月以内にやっておくべき手続き

親の死後、3か月以内にやっておくべき手続き

 親が亡くなると、相続に関わる諸手続きが必要になる。まず、生命保険などの死亡保険金の受け取り手続きをやっておきたい。「死亡保険金請求書」を保険会社に提出する。円満相続税理士法人の橘慶太代表が語る。

「死亡保険金の請求の時効は3年ですが、遺産分割の対象にならないので、相続放棄を判断する期限(3か月)、相続税の納付期限(10か月)といった相続関連の手続きが迫ってくるのに先立って済ませておくのがいいでしょう。受取人が単独で手続きできます。被保険者(親)の死亡を保険会社等に連絡し、必要書類を提出することで、手続きは完了します」

 相続の手続きに入ると最初に、「相続人・相続財産の調査」を行なう。ここで見落としがあると、後日税務署への修正申告などが必要になる場合があり、手続きがさらに複雑になってしまう。それゆえ、法的に有効な遺言書があり、財産目録が完成していればこの手間が大きく省ける。

 遺言が存在し、それが「自筆証書遺言」の場合、家庭裁判所で「遺言書の検認」を受けなければならない。遺言の保管者や発見した相続人が家裁に遺言書と必要書類を提出し、検認の申し立てを行なう。検認とは、すべての相続人に遺言の存在と内容を知らせ、検認時点での内容を明確にして偽造や変造を防止するための手続きだ(公正証書遺言の場合や、自筆証書遺言であっても法務局で保管されていたものは来年7月以降、検認の必要がなくなる)。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。