マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

20代整形女子 150万円投資で得たリターンと抜けられない沼

2019年2月14日 16:00

美容整形に終わりはあるのか?(イメージ。写真:アフロ)

美容整形に終わりはあるのか?(イメージ。写真:アフロ)

 国際美容外科学会が発表した実態調査によれば、日本は世界第3位の美容整形大国。2017年での施術数は約168万回と、日本人女性の約40人に1人が何かしらの美容整形を行っている計算になる。

 都内に住む20代の会社員・Eさんは、美容整形にこれまで約150万円以上費やしているという。Eさんはどんな“整形人生”を送ってきているのか。

 幼少期より自身の外見がコンプレックスで、周囲からの視線が怖く、外出にも支障をきたすことがあったというEさん。素顔を隠したいがあまり、中学生の頃から厚化粧にカラーコンタクトという姿で通学し、“不良”の扱いを受けたこともあるという。

 そのなかでも特にコンプレックスであった目を、アイプチ(※糊状の液体を付着させることで、一重まぶたを二重まぶたに形成する化粧品)で少しずつ克服したEさん。アルバイトでお金を貯め、はじめての整形手術を受けたのは、大学4年生の時のことだった。まぶたを糸で留める「埋没法」と、目頭の皮膚を切開して目を大きくする「目頭切開」と呼ばれる手術で、憧れであった大きな二重まぶたを手に入れた。Eさんが語る。

「最初の手術には、総額50万円かかりました。欲張りなもので、一番のコンプレックスを克服すると、それ以外のパーツも気になってきちゃうんです。ボーナスでまとまったお金が入ってくると、頬の脂肪吸引などの大規模な手術。その間に、ボトックスや鼻を高くするヒアルロン酸注射など、メスを入れない「プチ整形」を行っています」(Eさん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。