マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

一大ブームの「冬アイス」を厳選 夏アイスとの細かな違いは?

2019年2月17日 15:00

 冷たいアイスは夏の代名詞という認識はもはや昔。昨今、冬でもアイスは飛ぶように売れ、“冬アイス”は一大ブームになっている。年間1000種類以上のアイスを食べるアイス評論家のアイスマン福留さんが歴史をひもとく。

「冬アイスというワードは2~3年前から浸透し始め、ここ数年大きな盛り上がりを見せています。もともと冬アイスは、レディーボーデンがクリスマスケーキ代わりの贅沢なデザートとして売り出したことに始まります。その後、雪見だいふくが“こたつで雪を見ながら食べるアイス”というイメージを生み出し、ハーゲンダッツが子供のおやつから大人のご褒美へと昇格させて、“大人のための冬アイス”が定着しました」

 体を冷やすかき氷やシャーベットが人気の夏アイスに比べ、冬アイスは“スイーツ寄り”だという。

「夏だと溶けやすい乳脂肪分高めのミルクやチョコレート、ラムレーズンなど濃厚な味わいのものが多く、ティラミスやシュークリームなど他のスイーツと融合しているのも特徴です。ここ数年は、ほうじ茶味やガトーショコラが人気です」(アイスマン福留さん)

 価格がちょっとお高めなのも冬アイスの特徴。値段も味もリッチな大人のための注目冬アイスを5品ご紹介しよう。

『ガーナチョコ&クッキーサンドローストミルク』
『ガーナチョコ&クッキーサンドローストミルク』

 焦がしミルクとクッキーのハーモニーがたまらない『ガーナチョコ&クッキーサンドローストミルク』(140円/ロッテ)。アイスを包むローストミルクチョコの濃厚な味と、クッキーのサクサク食感が相性◎。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。