マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

米中貿易協議ほぼ合意か 制裁関税撤回で株高トレンドへ

2019年2月20日 7:00

トランプ大統領は「真の合意に近づいた」と発言(Getty Images)

 中国株が上昇基調に転じている。2月18日の上海総合指数は2.7%高。1月4日の場中で約4年1か月振りとなる2440.91ポイントの安値を付けた後、切り返し、春節休暇明けの2月11日以降急騰、この日の終値は2754.36ポイントで、終値ベースで昨年9月28日以来の高値を記録した。

 小型株の動きを示す創業板指数は4.1%高、大型株の動きを示す上海50指数は2.6%高と全面高の展開。セクター指数(同花順)の動きをみると、証券が5.6%高、保険・その他金融が5.0%高、半導体・部品が5.3%高、電子部品が5.1%高、通信設備が4.1%高となった。投資家は相場の先行きに楽観的となり、証券、保険関連を買い、米中貿易戦争の緩和、終結期待でハイテク関連を買っている。

 18日の中国本土市場の売買代金は5477億元(8兆9275億円、1元=16.3円で計算、以下同様)で前週末と比べ31%増加した。ちなみに、これは東証1、2部、ジャスダック合計の4.2倍の規模となっている。

 海外投資家による香港取引所を通じた上海A株、深センA株の買い越しは2月18日現在、いずれも1月23日以降、14営業日連続でプラスとなっている。

 新華社は2月15日夕方、「習近平国家主席はライトハイザー通商代表、ムニューシン財務長官と会見した。14日、15日に行われた閣僚級貿易協議は“重要な段階的な進展を得た”」と発表している。ただし、協議の最終決着は今週に持ち越されており、場所を北京からワシントンに移し、再開される。

 もし、習近平国家主席がアメリカの閣僚と会見した後、協議が上手くいかないようなことになれば、面子を潰すことになる。逆に言えば、この段階で会見を許すということは、協議はほぼ合意に至っているとも考えられる。一方、トランプ大統領は15日、協議について「真の合意に近づいた」と発言している。3月2日から追加関税率引き上げが延期される可能性が高く、また、一気に制裁関税撤回の可能性も見えてきた。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。