マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

米中貿易協議ほぼ合意か 制裁関税撤回で株高トレンドへ

2019年2月20日 7:00

 海外のマスコミは、技術移転強制、補助金問題といった構造問題では溝が残ったと指摘しているが、中国側が譲歩することはないとアメリカ側も考えているのかもしれない。それでもこの問題で厳しく中国を攻め立てているのは、市場の自由化、輸入拡大で最大限の成果を得ようという戦略があるからだろう。

 トランプ大統領はギリギリまで中国に圧力をかけるだろうが、“米中貿易協議が物別れに終わる可能性はまずない”という見方が増えている。多くのグローバル機関投資家がそのように予想しているから、昨年12月26日を底値にNYダウは強い上昇トレンドを形成しているのではないか。彼らは同じ発想からA株を買っているとも考えられる。

 トランプ大統領の狙いは、中国にアメリカ製品を買わせることであり、アメリカ企業の投資を加速させることである。中国を排除することではなく、中国に食い込むことである。そう考えると足元のアメリカ市場、中国本土市場の急回復、急騰も納得できよう。

 3月2日の追加関税率引き上げの延期、習近平国家主席とトランプ大統領との会談、トランプ大統領の“勝利宣言”(?)と続けば、こうした見方は正しかったと証明されるが、はたしてどうなるか。その通りになれば今後、アメリカ株、中国株には強い上昇トレンドが出るだろう。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。