マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

セブンvsファミマ 「ガッツリ系ラーメン」を食べ比べてみた

2019年2月24日 15:00

 全国的に人気が広がる、『ラーメン二郎』に代表されるようなガッツリ系のラーメン。パンチが効いた豚骨醤油のスープ、食べごたえがある極太麺、大量に盛られた野菜といった特徴が基本となっているが、ついにセブン-イレブンとファミリーマートがそんなガッツリ系ラーメンを発売し話題となっている。

 そこで、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンとファミリーマートのガッツリ系ラーメンを実食比較。その魅力に迫った。ちなみに、記者Aは二郎のようなガッツリ系ラーメンをこよなく愛する“ジロリアン”ではなく、何度が食べたことがある程度の“二郎素人”。あくまで、“非ジロリアン”として、フラットな目線で比較したい。

セブンのガッツリラーメンは人気店がプロデュース

セブン-イレブンの『中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)』

セブン-イレブンの『中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)』

 セブン-イレブンで発売中なのが『中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)』(550円、税込み以下同)だ。千葉県松戸市に店舗を構えるラーメン店「とみ田」が監修した電子レンジで温めて食べるタイプの豚骨醤油ラーメン。「とみ田」は同じく松戸市内に「雷本店」というガッツリ系ラーメンの店舗のプロデュースもしている。

 ガッツリラーメンということでやはり気になるのが、その量だ。原材料表示を見ると内容量は640g、麺は200gとなっている。1包装あたりのカロリーは706kcalだ。

 そして、麺の上にはたっぷりのもやしと少量のキャベツ、そして1切れのチャーシュー、刻みニンニク、青ネギがトッピングされている。店舗で食べるガッツリ系ラーメンに比べると野菜の量はそこまで多くは感じないが、コンビニラーメンとしてはかなり多い方だろう。

 麺の太さは約5mm。コンビニラーメンというと、どうしてもフニャッとした食感の麺が多いが、この『豚ラーメン』ではしっかりと噛みごたえがあり、その点についてはガッツリ系ラーメンの特徴を再現している。

 スープはガツンとした醤油の風味とたっぷりなアブラが主張。ガッツリ系ラーメンを頻繁に食べていない人でも、「なるほど、これがガッツリ系ラーメンか」と分かるくらいのインパクトがある。

 チャーシューは1切れだけで、少々物足りなさもあるが、脂身が多くホロホロした食感もしっかり味わえるので、ガッツリ系の定番の味を体験するという意味では高ポイントと言えそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。