マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

葬儀で子が代行すべきこと 盲点になりやすい「遺影」選び

2019年3月5日 15:00

子供ができる「葬儀・墓」の手続き

子供ができる「葬儀・墓」の手続き

 先祖代々の土地を離れて暮らす世帯では、子供にとって墓参りをしやすいように都会の近郊で新しい墓地を買う選択をするケースがある。公営の墓地の場合は一度も納骨したことのない遺骨がなければ申し込めない東京都のような例がある一方、寺院境内墓地や民間霊園であれば親が生きているうちに探せる。

 この場合、親が生きているうちの「お墓の購入」のほうが税金などのコストを抑えやすい。葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏はいう。

「お墓は『祭祀財産』とみなされ、相続しても非課税です。一方、生前に『この金は墓を建てるのに充ててほしい』と取り分けていても、現金であれば相続税の課税対象になってしまいます。現金を残しておくより、お墓を建てておいたほうがよい。相続税の面だけでなく、親子で終活について話し合うきっかけにもなります」

 親が生きているうちに、子供がサポートしながら購入手続きを進めていくかたちだ。一方、いざという時に備えて親子で一緒に話し合っておくべきことが少なくないのが葬儀だ。

「親が亡くなった際、葬儀の案内状を出すのは子供ですが、誰に声を掛けるのかは親自身でないとわからない。そこで、親の生前に声かけリストの作成をしてもらいましょう。葬儀だけでなく、施設に入居したり入院先の病院で余命を告げられたりした際の連絡にも役に立ちます」(同前)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。