トレンド

2文字送信で1500円? 占い「メール鑑定」の壮絶課金システム

記者の感想は…

 霊視やスピリチュアル鑑定は、所詮、言ったもん勝ち。占星術における星座や、手相占いにおける手のひらのしわのように、根拠になる事象や基本セオリーがないからだ。極端な話、「私には視える!」と言いきれば、私も霊視業に転職可能だ。

 しかも、「99.9%の確率でBIGに高額当せんする!」と断言されたとしても、まだ0.1%の落とし穴が残る。「BIGを買った磁場とあなたの波動が衝突してめちゃくちゃになった」とか何とか言われたら、反論のしようもない。
 
 それでも、続々とキャラの立った鑑定師からメールを送りつけられ、奇想天外な鑑定とめくるめく文章で登録者を引き留めよう、ポイントを買わせようとするサイトの企業努力は評価に値する。最近、求人広告に「占いライター募集」が急増しているのも、そんな理由だろう。

 …おっと、今度はメンタリスト○○から「あなたには人を自在に操る能力がある。たった8回のセッションで開花させます」とメールが。そんな能力あったら、朝まで原稿書いてないわっ(自嘲笑)。

※女性セブン2019年3月14日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。