マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ある少年野球チームを襲った悲劇 才能ある選手をどう扱うか

2019年3月25日 15:00 マネーポストWEB

少年野球チームも様々な問題を抱えている(イメージ)
少年野球チームも様々な問題を抱えている(イメージ)

 近年、少年野球に関して、子供たちを取り巻く環境に様々な問題提起がされている。体ができていないにもかかわらず、長くハードな練習や過密な試合日程を強いられた結果、故障して野球から離れてしまう選手もいるし、“勝利至上主義”の蔓延で野球の楽しさがいつの間にか失われてしまっているチームもあり、子供たちの指導方法がどうあるべきか、議論を呼んでいる。

 問題は指導方法だけではない。選手である子供たち自身や、監督・コーチ、保護者たちの人間関係がうまくいかなければ、チームが崩壊してしまうこともある。ここで紹介する関東のある少年野球チームでは、運動神経抜群の少年が出現したことにより、チームがガタガタになってしまったという。

 舞台になったのは、創立50年近くの歴史ある少年野球チームだ。そのチームは1~3年生の下級生チームと、4~6年生の上級生チームに分かれており、事件が起きたのは上級生チーム。同チームのヘッドコーチだったHさんが語る。

「ウチのチームはずっと、勝つのは3回に1回ぐらいという弱小チームでしたが、昨年の春に状況が一変しました。A君という新4年生の子がチームに入ったのですが、彼はすでに身長が160cm近くあり、投げても打っても走っても、その力はずば抜けていました」(Hさん。以下同)

 小4で160cmとかなり大きめなA君は、上級生を押しのけて“エースで4番”の座に収まり、チームの勝率は飛躍的に上がった。ただ、ある時期を境に、ちょっと様子が変わり始めた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。