マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ユニクロ柳井氏、息子への禅譲を否定してきたが方針転換近いか

2019年5月7日 7:00

ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏(AFP/時事)
ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏(AFP/時事)

 昨年夏に全米で封切られ、3週連続映画興行成績1位となった映画『クレイジー・リッチ!』。ラブコメディとして人気を集めた作品だが、この映画の勘所はシンガポールに住む富豪の華僑の生活ぶりであり、その後継問題だった。

 華僑の富豪たちがどのようにして築き上げた財産を守り、後継者に伝えていくか、そのシステムに並々ならぬ視線を送っていた日本の経営者がいた。ユニクロ創業者にしてファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏である。

 昭和24年、山口県宇部市で開業したちっぽけな洋品店「メンズショップ小郡商事」は商号を「ユニクロ」と変え、これを経営する「ファーストリテイリング」は今や国内外に店舗を展開するグローバル企業となった。株式の時価総額約6兆6000億円はホンダ、日本郵政を凌ぐまでになっている。

 柳井氏は何度となく世襲を否定してきたものの、ここにきて2人いる息子のどちらかが継ぐのではないかという声が社内では専らだ。

 昨年夏、連結決算の記者会見に臨んだ柳井氏は、さらなる海外展開に強い意欲を見せた。と、同時に発表されたのが長男の一海氏、次男の康治氏を取締役に充てる人事だった。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。