マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

学校や居住地域もダダ漏れ… SNSで個人情報を垂れ流す危ない若者たち

2019年5月29日 15:00

SNSで自分の個人情報を晒すリスクとは(イメージ)

 昨今、中高生、大学生だけでなく、小学生までTwitterやInstagramのアカウントを持っている子どもも珍しくないという。そうしたSNSユーザーの低年齢化に伴い、若者のネットリテラシーについての議論が俎上に上がることも増えている。特に最近では様々なSNSサービスが登場しており、あらゆるサービスを使って「自分の個人情報を垂れ流している」若者も多数存在する。

 都内の大学で情報学を教えている男性教員・Aさん(30歳)は、ここ数年の大学生のネットリテラシーが著しく低下していることに危機感をおぼえているという。

「彼らは思ったこと、感じたことなど、その瞬間の感情をすぐにTwitterやInstagramに書き込んでしまいます。『これはアップすべきか?』『このキーワードは検索されるかもしれない』などと一考しない傾向にあるようです。匿名掲示板などを同時代に利用した経験もなく、いきなりSNSからネット生活がスタートしているので、よくも悪くも『ネットは怖いもの』というイメージがない世代なのだと思います」

 具体的にはSNSにどんなことが書き込まれているのか。Aさんが続ける。

「講義の内容や、講義の盗撮写真をTwitterに上げる学生、教員の悪口を書き込む学生はザラです。またTwitterのプロフィール欄に『◯◯小学校/○○中学校/◯◯高校/◯◯大学文学部3年/◯◯ゼミ所属/バイト先』などと、自分の顔写真とともに個人情報を晒している学生も非常に多い。また、自分は大学1年生で未成年だとプロフィールに記しておきながら、サークルの新歓コンパで飲酒している自撮りを上げている学生もいました。こういった投稿は教員もチェックしていますし、後々は就職活動でも悪影響が出ると思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。