マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「退職金で住宅ローン一括返済」で老後破産のリスクも

2019年6月14日 16:00

 そのことは、60歳で町工場を定年退職した田辺さん(70)の経験談を聞くとよくわかる。田辺さんは、同じ約1000万円の退職金を受け取りながら、500万円残っていたローンの繰り上げ返済を見送り、昨年、満期で返済を終えた。

 田辺さんは「繰り上げ返済しなくて本当によかった」と振り返る。それは、5年前に妻が脳梗塞で入院した時期があったからだ。

「入院費用などに加え、妻の足に少し障害が残ったので、退院前に自宅の床の段差をなくす工事も必要になった。一時は都合200万円くらいの現金が次々と財布から飛んでいった」

 高額療養費制度や自治体の補助金を得て後に半分ほどは補助が受けられたが、持ち出しが多くなった時期に「退職金の預金がなかったら相当心細かったと思う」と田辺さんは話す。ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏が解説する。

「退職金で住宅ローンを完済したいと考える人が少なくありませんが、手元に資金を残しておくことで不測の事態に備えられる利点もある。また、住宅ローンは加入時に団体信用生命保険(団信)に加入していることが多いため、加入者が死亡した際に残債が弁済される。仮に完済前に亡くなった場合、残債分が“死亡保険金の代わり”として機能するのです。

当面は低金利が続くとみられるので、“住宅ローンを完済しないメリット”に着目する考え方はあるでしょう」

 もちろん、完済前に金利が上がり、負担増となるリスクは残る。選択にあたっての判断基準を森田氏はこう説明する。

「目安になるのは完済までの期間と残債です。残債が1500万円以下で70代までに完済できるなら、多少金利が上がっても負担はそこまで増えないので繰り上げ返済をする必要はないでしょう」(森田氏)

※週刊ポスト2019年6月21日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。