マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

金価格が上昇、米利下げ転換の可能性や中央銀行の準備拡大も影響か

2019年6月12日 7:00

金価格の上昇の背景に何があるのか(Getty Images)

 金(Gold)価格が上昇している。金先物(COMEX)価格の推移をみると、6月7日の高値は1352.70ドル/オンスで、2018年4月19日以来の高値を付けた。2014年以降、1400ドル/オンスの大台が上値抵抗となり、そこで跳ね返される展開が続いているが、持ち合い期間が長くなっており、テクニカルにはそろそろ上に抜けるのではないかといった期待も高まっている。

 金価格上昇の最大の要因は、アメリカの金利低下見通しが強まったことだ。米中貿易戦争の激化は輸出業者、輸入業者双方の利益を圧迫する。グローバル企業が大きなダメージを受ける。また、淘汰された製造業を国内に回帰させることは、経済の質を低下させる。

 足元のマクロ統計は景気の減速傾向を示す指標が出始め、債券市場では、逆イールドが発生、それが株価の下押し圧力となっている。株式市場の動向に強い関心を持つトランプ大統領はFRB(連邦準備制度理事会)に対して、ツイッターを通じて公然と口先介入しており、FRBのパウエル議長は今後、利下げの可能性を示唆し始めている。

 金の最大の弱点は、保有するだけでは利子や配当などを得られない点である。金利低下は相対的に金の弱点を小さくし、それが価格上昇の要因となる。

 また、ドル金利の低下はドルの需要を小さくすることからドル安要因となり、ドル安はドルで評価される金価格を逆に上昇させる要因となる。

 金価格上昇の要因としてもう一つ考えられるのは、各国中央銀行が金準備を増やし、金の実需が増加している点である。

 世界最大の外貨準備高を持つ中国は、金準備について、2016年10月末から2018年11月末までの2年1か月の間、1679トンでまったく変化がなかったが、12月末から一転して、金準備を増やし始めている。5月末は4月末と比べ14トン増やし、1747トンとしている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。