マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ETF

新興市場の「局地バブル」を享受するための3つのETFを紹介

2013年10月13日 8:12

 米国が金融緩和の「出口戦略」に向けて動き出すなか、日本だけがアクセル全開で異次元の金融緩和を続けている。こうした状況で、「日本株の新興市場に“局地バブル”が到来する可能性がある」というのは、グローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏だ。もちろん個別銘柄に投資するのが最も有効だろうが、それ以外にも新興市場バブルを享受する方法があるという。戸松氏が解説する。

* * *
 銘柄選びに迷ってしまう人には新興市場の値動きを丸ごと享受できるETF(上場投資信託)で「局地バブル」を狙うという手もある。代表的なETFは次の3つだ。

●マザーズ・コア上場投信(東証・1563)
……東証マザーズを代表するCore指数(15銘柄)に連動。

●JASDAQ-TOP 20上場投信(東証・1551)
……ジャスダックを代表する20銘柄の指数に連動。

●上場インデックスファンドS&P日本新興株100(東証・1314)
……日本の新興市場を代表する100銘柄の指数に連動。

 買いタイミングだが、日本株は調整を経たため、新興市場全体では短期的な目安の50日移動平均線を割り込み、中長期的な目安の200日移動平均線に近づくような推移となっている。これは買いやすい水準といえ、まさにいまが仕込み時だろう。

※マネーポスト2013年秋号

<株系注目記事>

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。