マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

増税に備え「キャッシュレス」の準備を 最大7%の還元も

2019年8月1日 7:00

QRコード決済を使える店舗も急増中(写真:時事通信フォト)
QRコード決済を使える店舗も急増中(写真:時事通信フォト)

 10月1日に消費税が10%の大台へと増税されることが決定的になった。今回の増税で、政府の景気対策の目玉として注目されるのが「キャッシュレス決済」による「5%のポイント還元」だ。

 10月の消費増税と同時に、クレジットカードや電子マネーなどの「現金以外」で買い物をすると5%のポイントが還元される制度で、東京五輪までの9か月間実施される予定。増税分をカバーするどころか、買えば買うほど3%得する制度として話題を集めている。ポイント情報サイト「ポイ探」代表の菊地崇仁さんが説明する。

「5%のポイントが還元されるのは、小売業では『資本金5000万円以下、または従業員50人以下』の中小事業者で買い物をした場合です。大手でもコンビニなどでは2%が還元されることになります」

 ポイント還元は実店舗だけでなく、ネット通販の店も対象だ。菊地さんによると、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」に出店する中小小売店は5%還元の対象だが、「Amazon」は、現時点で対象ではないという。

 気をつけたいのは、自分が普段使っているクレジットカードや電子マネーがポイント還元の対象かどうか。

「『PayPay』や『LINE Pay』など、近年急速に普及しているQRコード決済事業者はほぼ対象ですが、カード事業者の中には対象ではないところもあります。電子マネーでも、今のところ鉄道系のPASMOが対象外です。JCBやVISAなど国際カード会社ではなく、発行カード会社が対象になっているか必ず確認しましょう。カード会社に直接問い合わせれば確認できます」(菊地さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。