マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

社内会議でボツになった電子メモパッド、商品化への道のり

2019年7月30日 7:00

電子ペーパーディスプレイを使用しているため、画面を常時表示することができる

電子ペーパーディスプレイを使用しているため、画面を常時表示することができる

 大手文具メーカー・キングジムが発売した『カクミル』は、紙に書くような感覚で、手書きでメモができる電子メモパッドだ。実はこの商品、クラウドファンディングで1000万円を集めて実現した驚異の文具。ひとりの男性社員が粘り続けて実現した開発物語をお届けする。

『カクミル』は、アラームと画面表示によって、手書きでメモした内容を知らせてくれる電子メモパッドだ。電子ペーパーディスプレイを使用しているため、画面を常時表示することができる。

 開発したのは、同社の東山慎司さん。東山さんは、『カクミル』の前身となる『マメモ』というメモパッドの開発も担当していたが、この商品は、画面が暗く、バッテリーの都合で30秒経つと画面がオフになってしまう。こうした欠点を補いながら、自分が使いたいと思える電子メモパッドを開発したいと、2年前に決心した。

 さっそく社内の会議で企画を出したが、けんもほろろな結果となってしまう。そこで、「まずは市場の声を集めることから」と考えた東山さんは、クラウドファンディングを利用することを会議で提案した。この案は新しいもの好きの社長に受け、さっそく実施することになったが、その対象は『カクミル』ではなく、別の商品。またしても東山さんは涙をのむことになってしまう。

 しかし、東山さんは新商品の機能を一から見直し、どんな電子メモパッドならニーズが生まれるのか研究を行った。テーマになったのは、“机の上の主力メンバー”。『カクミル』は、ToDoリストを手書きで書き込み、アラームで知らせてくれるだけでなく、順番を入れ替えることもできる。使わない時は縦置きにすると、内蔵された加速度センサーで本体の向きを検知して画面表示が自動で上下反転する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。