マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

藤村俊二さんが行った「一切、何も残さない」という究極の相続

2019年8月19日 7:00

藤村俊二さんは「持たない相続」をひょうひょうとやり遂げた
藤村俊二さんは「持たない相続」をひょうひょうとやり遂げた

 相続のルールは、たしかに複雑でややこしい。遺産をめぐって家族が仲違いする「争続」も少なくない。究極の相続の例として、「一切、何も残さない」という去り方もある。ダンディーかつ、ひょうひょうとした振る舞いで「オヒョイさん」の愛称で親しまれた藤村俊二さん(享年82)は、一貫して財産管理に無頓着だった。

 晩年の藤村さんと暮らし、介護をしていた長男の亜実さんが語る。

「親父が持っていたのは通帳1つだけで、ほかにはまるで何もありませんでした。財産のことは、ぼくも気になっていたけど、家族から話す内容ではないと思って遠慮していて、そのうち父の体調が悪くなり、なおさら聞けなくなりました」

 2015年10月に自宅で藤村さんが倒れた際、亜実さんはある大きな不安に襲われた。

「恥ずかしい話なのですが、父は医療保険にまったく加入していなかったんです。親父は高齢でかなり病気をしていたので、入れたとしても保険料がものすごく高額になってしまうため、入っていませんでした。どれくらい入院が長引くかもわからないし、その時は、ちょっとまずいなと思いました」(亜実さん)

 心配する亜実さんをよそに、藤村さんはまったく不安な顔を見せなかったという。

「親父は、その瞬間を大事に生きる性格で、同時に、将来のことを何も考えていなかった。だから、将来に対する不安もなかったんだと思います。借金など“負”の財産もなく、立派なもんで、親父の持ち合わせだけで、お金の面はちょうど間に合いました。口座は凍結されましたが、残っていたのは微々たる額です」(亜実さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。