マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ご飯の代わりにカリフラワー ココイチ「低糖質カレー」を食べてみた

2019年8月27日 15:00

白米の代わりとして注目されるカリフラワー。気になる食べごたえは?

白米の代わりとして注目されるカリフラワー。気になる食べごたえは?

 糖質を控えることで、血糖値の上昇を抑え、肥満防止効果を狙う「糖質制限ダイエット」。低糖質をうたう商品も多数登場するなか、ご飯(お米)の代わりとして注目され始めている食材がある。「カリフラワー」だ。

 低糖質かつ低カロリーなうえ、お湯で茹でて細かくすると、見た目はお米とそっくりになる。そうしたことから、ご飯の代用フードとして「カリフラワーライス」が話題を集めている。たとえば、カレーチェーンの「CoCo壱番屋」(以下「ココイチ」)では、ご飯の代わりにカリフラワーライスを使った「低糖質カレー」を提供している。糖質の量は16gで、これはご飯200グラムのカレーライスの約5分の1だという。

 実際の味はどうなのか。ココイチの店頭で、低糖質カレーを食べてみた。通常のポークカレーが税込505円のところ、ポークソースを使った低糖質カレーは600円。これにトッピングとして、「チキンにこみ」と「ほうれん草」を追加。糖質を抑えられるという安心感も手伝ってか、プラス51円で大盛り(カリフラワーライス:225g)を選択した。

 見た目は白米とほぼ変わらないが、食べてみると、ご飯のようなモチモチした触感はなく、やはり野菜らしくとてもサクサクしている。歯ごたえはあるが、ご飯の代わりを食べているというよりは、カレーのトッピングにカリフラワーを選択したという感じに近いのかもしれない。

 味という点ではカリフラワー独特の甘みがあり、ココイチのピリ辛なルーと相性がよく食べやすい。食後の空腹が予想されたが、意外にも腹持ちがよかった印象だ。これなら、糖質制限ダイエットも挫折せずに続けられるかもしれない、と思った。

 様々な低糖質メニューが登場する糖質制限市場。ご飯の代わりに豆腐、ブロッコリーを食べるなどという代替法も話題になるが、その中でもカリフラワーライスは大きな存在感を示すようになるかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。