マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

名刺管理アプリの思わぬ弊害 知らないうちに自分の名刺情報が共有され…

2019年8月27日 15:00

法人・個人での利用が進む「名刺管理アプリ」の思わぬ弊害も(イメージ)
法人・個人での利用が進む「名刺管理アプリ」の思わぬ弊害も(イメージ)

 日本は「名刺」の使用率が最も高い国だと言われる。その日本独自の名刺文化から誕生したのが、SansanやEightに代表される「名刺管理サービス」だ。

 スマートフォンや専用端末経由で名刺の情報を読み取り、電話番号、メールアドレス、会社の所在地などの情報を登録し、データをいつでも呼び出せるのが特徴。法人向け、個人向け両方のサービスが存在しており、法人向けサービスでは顧客情報を一括管理できるほか、社員の営業活動の顧客管理に利用できる側面もある。

 シードプランニングによる市場調査によれば、法人向けの名刺管理サービスの市場は年々成長。2017年時点では85.4億円だったが、2022年までには約1.5倍となる136億円へと成長すると予測している。

 昨今では名刺の管理だけに留まらず、アプリ上でつながるSNSのような機能も充実しており、各社サービスの差別化を図っている。ただし、サービスが多様化する一方で、面倒な経験をしたという人も少なくない。

 40代の男性会社員・Aさんは、仕事の商談の場に限らず、勉強会や交流会などでも名刺を交換することが習慣になっている。

「私が所属している部署は、外部に電話番号を公開していないので、既存の取引先以外からは電話がかかってくることが少ない。にもかかわらず、ある時から私宛の営業電話が頻発するようになりました。要件がはっきりしなかったので、ずっと無視していたのですが、あまりにもしつこいので、電話に出て、問い詰めることにしました」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。