マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

軽減税率でおまけ付き食品混乱 マックのハッピーセットやプロ野球チップスは?

2019年9月1日 7:00

マクドナルドのハッピーセットのおもちゃの扱いは?(イメージ)
マクドナルドのハッピーセットのおもちゃの扱いは?(イメージ)

 10月1日、消費税が10%に引き上げられるが、今回、初めて導入される「軽減税率」は、生活に欠かせない食品などを中心に税率を8%に据え置く。対象は「飲食料品」と「週2回以上発行の新聞」だが、その線引きは複雑だ。たとえば同じ飲食料品でも、税率は「外食(10%)」と「持ち帰り(8%)」で区別されている。以下、具体的にQ&Aで見ていこう。

Q:外食時に食べ残しをお土産にしてもらうと?

 この場合に軽減税率は適用されない。国税庁の指針をまとめたQ&A集によると、税率は「飲食料品の提供を行なった時点において判定」されるため、“食べ残し”も税率10%。

Q:食べ物の「おまけ」が高価だと?

 国税庁の指針では、おまけ付きの食品は、「【1】税抜き価格が1万円以下」「【2】食品部分の価格が全体の3分の2以上」の条件を満たせば軽減税率が適用される。

 子供向けのおまけの付いた「ハッピーセット」を販売する日本マクドナルドは戸惑いを隠せない。

「我々としてはハッピーセットのおもちゃは『0円』の扱い。テイクアウト時は税率8%を用いますが、国税庁がどう判断するかはまた別の問題です」(広報)

 野球選手のカードが付いた「プロ野球チップス」(カルビー)は税率10%だが、シールの付いた「ビックリマンチョコ」(ロッテ)は軽減税率8%とみられ、駄菓子屋も大混乱?

※週刊ポスト2019年9月6日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。