マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

他人の視線が気になる? 一人で外食できない男性たちのメンタル

2019年10月1日 16:00 マネーポストWEB

一人で外食できない男性の本音とは?(イメージ)
一人で外食できない男性の本音とは?(イメージ)

“おひとりさま”ブームと言われて久しい。一人で楽しむことがすっかり市民権を得られた昨今だが、依然として敷居が高いように思えるのは“一人外食”だ。“ぼっち飯”とも呼ばれ、特に女性には苦手意識を持つ人が多いようだが、男性にも苦しむ人たちがいる。

 ライフメディアの調査によれば、37.1%の男性が「一人で外食することに抵抗がある」と回答。「一人で外食できない」という層も5.4%いることから、男性にも避けては通れない問題であることがわかる。男性たちにどんな事情があるのだろうか。

 30代男性会社員・Aさんは、学生時代から一人で外食することに苦手意識があり、今もできるだけ避けたいと話す。

「大学時代はいわゆる“ぼっち”、一人でいることが多かった。そのこと事態に苦痛はなかったのですが、食事の時だけは、他人の視線が気になりました。だから学食やファストフード店にはあまり行かず、いつもコンビニで買ったり、マクドナルドなどでテイクアウトして、空き教室かサークル部屋で食べていました」

 大学卒業後、約10年経った今もそのスタンスが変わらないというAさん。外回りが多い営業職ではなく、内勤の管理系職種に従事している。

「営業職だと必然的にカフェや飲食店で、一人で外食することが多くなると思うので、その点はよかったなと。知っている人の視線なら大丈夫なので、お弁当を持参したりして、社内で食べています。社食は安いんですがやっぱり無理。自意識過剰かもしれませんが、他人が僕のことをどう思っているのか気になってしまうんです」(Aさん)

 Aさんによると、一人客が多い店内ならまだしも、グループがいる場合は特に視線が気になってしまい、居心地の悪さを感じるという。ファミレスの席などで、一人席ではない場合にはなおさらで、一人で占有している状態が「誰かに咎められそうで怖い」と話す。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。